oFで樹木のモデリング (3)

前回の記事でメッシュを貼れたので、今回はメッシュをobjに書き出してc4dに持ち込む部分を作ろうと思います。

制作するアプリは前回のプロジェクトの続きになります。

書き出し

 

まずMeshCreator.cppのsave関数に次のコードを書き加えます。

 

 

次に、testApp.cppのkeyPressed関数を次のように変更します。

 

 

oFのアプリ上ではテクスチャ座標を指定するときに画像のサイズで指定していたので、すべてのメッシュを一度消してしまって0.0~1.0でテクスチャ座標を指定しなおします。

その上でobjに書き出し、もう一度画像サイズで指定し直します。

すごい二度手間なので、もっといい方法があればいいのですが…

出来上がったobjファイルはプロジェクトの bin/data に保存されます。

objファイルをc4dに読み込ませ、テクスチャを割り当てると記事先頭の画像の様にテクスチャが貼れます。