Research and Development for Emotional Design

WOW Development Team

featured_p_img
Permalink

もう何も怖くないvImage

どうも、吉村です。
最近画像を大変良く扱うiOSアプリ制作に従事しておりました。
そこでvImageが大変訳に立ちましたので、ちょっとそのノウハウをまとめたいと思います。

1、vImageとは何か?
簡単に言えば、iOS, Macプラットフォームで動く、ハードウェアを超絶活かした爆速画像処理API郡のことです。
うまく使うと、消費電力の削減や、処理の大幅高速化につながります。
得意なことは、低レベルな画像処理です。
APIをざっと眺めると何となく得意なことが分かるとおもいます。

Image Reference Collection

色々ありますが、私が最近よく使ったのは、
画像の回転・拡大縮小・反転、画像処理カーネルの畳み込み演算等です。
こういった処理を非常に高品質かつ超高速に実行できるvImageは、
非常に便利でもあり、頼もしく安心感があります。

ただし、APIに少し癖があり、少々使いにくい側面もあります。

Read More

Permalink

oFで樹木のモデリング (3)

前回の記事でメッシュを貼れたので、今回はメッシュをobjに書き出してc4dに持ち込む部分を作ろうと思います。

制作するアプリは前回のプロジェクトの続きになります。

書き出し

 

Read More

Permalink

oFで樹木のモデリング (2)

前回の記事で樹木の骨格ができました。
次は骨格に厚みを持たせる為にメッシュを貼ります。
メッシュには、頂点、法線、テクスチャ座標、色、インデックスの情報が必要なので、今回はこの計算がメインになりそうです。

法線というのはポリゴンに垂直なベクトルの事で、面がどっちを向いているかを判断するのに用います。

前回の樹木を作ったプロジェクトにいきなりメッシュのコードを書くと難しいので別プロジェクトでメッシュクラスを組みます。メッシュクラスが完成したら樹木に移植という流れにしましょう。

Read More